【バスと電車の博物館】1歳児のお出かけレポ☆乗り物大好き

こんにちは!とまとママです(*^_^*)

この前、“ちんちん電車”の愛称で横浜市内を走っていた市電の博物館【横浜市電保存館】のお出かけレポを書いたので、今度は川崎市にある【電車とバスの博物館】に行った時のことを記録に残しておこうと思ってます☆

【横浜市電保存館】電車&乗り物大好き1歳児のお出かけレポート
こんにちは!とまとママです(*^_^*) 男の子の子育てをしていると、電車派か車派のどっちかに分かれるって聞いたことありますよね~!我...

横浜市の『横浜市電保存館』には1歳9か月の時に、川崎市の『電車とバスの博物館』には1歳10か月の時にお出かけした様子です♪親子でとっても楽しめましたよ(*´▽`*)

【電車とバスの博物館】ってどんなところ??

東急電鉄(東横線・目黒線・田園都市線・大井町線・池上線・東急多摩川線・世田谷線・こどもの国線)が運営している名前の通りの『東急の電車とバスの博物館』☆場所は、田園都市線の宮崎台駅。改札を出て南口側すぐに大きな看板があって【電車とバスの博物館】の入り口が見えます!【電車とバスの博物館】略して【DENBAS】いってきまーす!

これは、東急電鉄【電車とバスの博物館】のHPから基本案内の情報です!

入館料 大人(高校生以上):200円
3歳から中学生:100円
※回数券、団体割引(平日限定要予約20名以上、団体ごと一括払いのみ適用です)
障がい者手帳所持者割引あります。
有料設備 8090系運転シミュレーター:300円/1回
Nゲージパーク:200円/20分ごと
キッズシミュレーター:ペーパークラフト印刷 200円/1枚
開館時間 10:00~16:30(最終入館は16:00まで)
※入場券はA棟正面玄関のみで販売しています。
休館日 毎週木曜(木曜が祝日の場合は翌日)
年末年始(12月29日~1月3日)
建物概要 A棟/1Fシミュレーターワールド・2Fゾーン3450・3Fパノラマワールド B棟/キッズワールド
所在地 川崎市宮前区宮崎2-10-12
(東急田園都市線宮崎台駅直結)
問い合わせ 044-861-6787

1歳息子が遊んだ様子を写真で紹介!

最近、電車やバスが大好きでお出かけも楽しくなってきた1歳10か月のじゃが助と家族3人でいざ、入館!

  2歳まで無料で大人も200円☆3歳以上100円

駅の看板から実際の博物館入口までの道のりは、子ども達が描いた沢山の電車とバスの絵が並んだ長い道を歩いていきます。じゃが助が走って行った先に見えたのは『踏切』♪動くことのない踏切を見つめて立ち止まっていました(笑)

入り口を入るとバスや電車の写真パネルがあり、ここでも電車やバスを見つけて指差ししながら徐々にテンションが上がっていっている様子☆

ちなみに、ベビーカーは入館できないので、外の通路に並べて置いていきます。『折り畳まないでください』と表示があったので、畳む必要なく並べて置いていけるのは有難いですね。館内は4階建てになっていますが、エレベーターも設置されていましたよ!

自販機で入場券を購入します。

  • 大人(高校生以上):200円
  • 3歳から中学生:100円

現金はもちろんSuicaやPASMOでも購入できるようになっています。QRコードの書かれた入場券なので、入館の際は駅の自動改札みたいにかざして『ピッ』と通過します♪子どもも楽しく入場できますね~(#^^#)

入場券は当日であれば何度でも再入場可能です!A棟から入場して、B棟のキッズワールドに行く際も入場券は必要になるので紛失注意!!

  息子のA棟の楽しいランキング☆

最初の興奮場所は・・・なんとDENBUSショップ

電車とバスに関するグッズがたくさん並んでいるので、入場したばかりなのにショップの商品に釘付けで離れませんでした(笑)

でも、一番の興奮ポイントはやっぱり『模型電車が映像や音楽に合わせて走っていくジオラマ』です!朝から夜になっていく一日を電車が走りまわる様子に、子ども達はみんな釘付けでした♪

『電車に関する図書館』があって、電車の座席に乗りながら本を見る事が出来るミニ・ライブラリーがあったり、昔の高津駅を再現したコーナーでは切符切りの改札や中をのぞくと昭和の駅務室が見られたりと歩きながらも色々と楽しめます。

じゃが助の釘付けポイントその2は・・・

ジオラマ・シミュレーター☆やっぱり動く電車が何より好きです(*^_^*)

その他に、沢山の大きな本物電車やバスを見ながら進む中・・・

パパが肩車したら、大きな信号機に直接触れちゃう!!日常では出来ないこんな楽しみ方もあるんですよね!(^^)!

B館のキッズワールドは子どもでワイワイ☆

A館とB館は館内でつながっていない為、一度外に出て横断歩道を渡って移動することになります。道路を挟んですぐ向かいにあるのでちょっと外の空気を吸う気分転換の時間にもなるかな。お楽しみのメインは2つありますよ♪

  「キッズシミュレーター」で電車を走らせよう!

1組約7分ほどで遊べるので楽しめそうなら是非挑戦してもらいたい!じゃが助は興味なさそうだし、プラレールに夢中だったので次回のお楽しみに取っておきます(*´ω`*)

ここで運転できる電車は自分のオリジナルデザインの電車を走らせることが出来るんです!

自分で電車のデザインをしておけば、それを走らせることが出来ます2機あるので少し待てば遊べました。DENNBASUに行くことが決まったら、HPの中にあるキッズシミュレーターデザインルームで出発までに自宅で車両デザインをして、シリアルナンバーをメモして持って行きます!当日、シリアルナンバーを入力して遊んでください!!

そして、このシミュレータ前にあるインフォメーションでは、自分でデザインした車両のペーパークラフトを200円で購入出来るんです(*´▽`*)すごく良い記念になりますよね!じゃが助が分かるようになったら是非やらせた~い!!

  大好きなプラレールで遊んじゃおう!

『プラレールパーク』は、靴を脱いで上がった先の家族ごとのスペースで自由におもちゃのプラレールで遊べるコーナーです。広々していて集中して遊べそう♪一日に9回ある各回30分の交代制で、遊ぶためには整理券が必要です。整理券は各開始時間30分前からの先着順で、一度に遊べるのは6組まで。

先着6組までが整理券を貰えるのですが、プラレールコーナーの横には6組分の待ち場所が分かりやすく示してあるので、ギリギリ6組目に滑り込めるなら迷わず並んで遊んで欲しいですね~☆

プラレールを楽しみにしているお子さんなら、入館後に先にB館に行って希望する時間予約しておいて、希望の時間になったらプラレールパークに遊びに行くと時間の無駄がないのかな?今回じゃが助は、設置してあるプラレールのレイアウトをジーっと眺めたり・・・

レールで描かれたDENNBASUの文字レールの上をお気に入りの市営バスを持って走らせたりするだけで大変満足そうでした(#^^#)

  B館のキッズワールドで休憩も出来ます!

DENBASデザインのテーブル椅子セットが置かれていたり、バスの車両の中でお弁当を食べられたりするので、『キッズシミュレーター』や『プラレールコーナー』を楽しむ合間に休憩を挟んでもいいかもしれませんね~☆あっ、電車とバスの博物館は飲食の持ち込みが可能なので、お弁当や買っていったものを持ち込む事ができますよ!

ちなみに、こんな特典もあるみたいなのでチェック!!ミスドや銀だこ食べたいな~♪

とってもリーズナブルで楽しめる【電車とバスの博物館】です。また、遊びに行きま~す(*’ω’*)♪