【不妊治療の気になる治療費公開②】人工授精費用6か月の合計金額☆

不妊治療専門病院に通い始めて最初の6ヵ月はタイミング療法で赤ちゃんを授かる日を心待ちに頑張っていて、そのタイミング療法で支払ってきた不妊治療の治療費は前回まとめた通りの74280円でした!今回は、ステップアップした人工授精の6か月間に渡った治療費を公開していきます。

 人工授精って意外とあっさり・・・☆

人工授精の当日支払金額は17260円となっています。毎周期この17260円人工授精を行った当日の会計で支払いました。当日の人工授精自体は、思っていたよりもとてもあっさりと簡単!?に終わってしまいます。そんな人工授精にかかった不妊治療費を以下に記録しています。

人工授精6か月分のお会計まとめ

  1周期目(通院6回)のお会計

通院1日目 3080円(超音波エコー)
通院2日目 3230円(超音波エコー)
通院3目目 4490円(超音波エコー&採血)
通院4日目 4020円(採血&超音波エコー)
通院5日目 17260円(人工授精当日)
通院6日目 3230円(超音波エコーで排卵済み確認)

計35310円

  2周期目(通院5回)のお会計

通院1日目 3080円(超音波エコー)
通院2日目 4490円(超音波エコー&採血)
通院3目目 14170円(採血&超音波エコー)
通院4日目 17260円(人工授精当日)
通院5日目 3080円(超音波エコーで排卵済み確認)

計42080円

※今周期、通院3日目に検査用の採血をした為、金額が高額になっています。

  3周期目(通院3回)のお会計

通院1日目 4490円(超音波エコー&採血)
通院2日目 17260円(人工授精当日)
通院3目目 3230円(超音波エコーで排卵済み確認)

計24980円

  4周期目(通院3回)のお会計

通院1日目 4490円(超音波エコー&採血)
通院2日目 4020円(採血&超音波エコー)
通院3目目 17260円(人工授精当日)

計25770円

  5周期目(通院4回)のお会計

通院1日目 3490円(超音波エコー&採血)
通院2日目 3020円(採血&超音波エコー)
通院3目目 17260円(人工授精当日)
通院4日目 3080円(超音波エコーにて排卵済み確認)

計26850円

  6周期目(通院3回)のお会計

通院1日目 4640円(超音波エコー&採血)
通院2日目 4170円(採血&超音波エコー)
通院3目目 17260円(人工授精当日)

計26070円

6か月のまとめと見解

タイミング法を経てステップアップした人工授精6か月の不妊治療費。合計金額は181060円と出ました!これを6で割ると・・・月々約30000円です!前回のタイミング法の月々約12000円と比べるとやっぱり高額になっています。

  最低限の金額と日増ししていく金額

人工授精の当日支払金額は17260円。これに事前の卵胞の大きさ確認エコー・排卵後の人工授精後の排卵チェックの金額が最低限掛かり、3周期目のように最低限の通院で終えた場合は最低額月々約24980円で済みます。

しかし、同じ人工授精周期でも、1周期目の人工授精は最初の診察から卵胞が大きくなるまでに時間がかかってしまいました。初回(小さすぎて測定無し)→2回目(卵胞1.26)→3回目(卵胞1.66)→4回目(卵胞2.47)

排卵する大きさ(卵胞2.47)になるまでに4日間通院したので超音波エコーを受ける回数が増え、治療費も増し増しで一か月計35310円掛かっています。最低限の通院周期より1万円以上高くなる時もあるっていう事だぁ(´・ω・`)

  人工授精にステップアップする??

平均月々3万円かかる人工授精。とまとママは排卵に時間が掛かるものの自力で排卵できているし、ホルモン補充やその他の治療は必要としていなかったので、実際に人工授精をする為だけの金額月々3万円で収まっている。もしも卵胞が大きくなりにくい体質だったり、沢山の卵胞が大きくなろうと頑張っちゃう体質の方だったりして、薬の処方を受けていればこれ以上の治療費がかかる。

正直、三万円というのは個々それぞれのお金の環境によって、安いと感じたり高いと感じたりするものだと思う。それでも、タイミングで妊娠に至らなかった方には挑戦して欲しい人工授精。とまとママはそう思います。

人工授精にステップアップすると男性側の理解や協力もより必要になる。でも人工授精は男性側に不妊原因がある場合はより効果的な治療法。だから夫婦揃って赤ちゃんを授かる日まで、検査から治療までお互いに歩み寄って励んでいければいいなって思います(*^-^*)