【結婚1年目】夫婦年収650万で貯金200万円が可能か計算してみた!

こんにちは!とまとママです。

とまとママときゅうりパパは結婚して今年で4年目になりますが、とまとママは結婚してから家計簿をつけ始めました!

まぁ、きゅうりパパが専業主婦になるなら家計簿付けてよ~!と簡単にお願いしてきたからなんですけどね~((+_+))

結婚当時は将来家を買いたいし、子どもも欲しい!その為にはしっかり貯金しなきゃいけないから、まずはお金がどうやって使っているのか把握するために家計簿を頑張ってつけることにしました!

今回は4年前の事を思い出しながら、どうやって貯金していったかを紹介させて頂きます!

 ■■夫婦の年収と手取り額■■

結婚1年目、とまとママは結婚を機に長年続けてきた仕事を退職し、きゅうりパパの扶養内でパートとして働き始めました。

結婚前に正社員として働いていた頃は年収400万円だったのに、パートでは100万円ちょっとです。収入は落ちたけれど無理せずゆとりのある扶養内で働かせてくれるきゅうりパパに感謝してますよ。(/ω\)

きゅうりパパは中小企業の会社員。毎日頑張ってくれて年収550万円を稼いでくれてました。夫婦合わせると、夫550万円・妻100万円の計650万円というところでしょうか。年収650万円の手取り額は約500万円です。

我が家の収入は【年収650万円・手取り500万円!】

これが多いか少ないかは基準がないから判んないや~。

とにかく、このお金で貯金できる方法を考えてみたいと思います~!

■■1か月の生活費目標14万円+夫婦それぞれ小遣い3万円■■

我が家の家計管理は、とまとママがしています。

もちろん?きゅうりパパの給料を全て預かっています。(笑)

隠し口座を持ってなければ・・・。

1か月の固定費を95,000円・変動費を45,000円とし、毎月計14万円で生活することを目標にしています。それ以外に夫婦それぞれ3万円ずつのお小遣いを設定してみました♪

1か月の支出生活費は、合計20万円

この1か月の14万円の生活費の内訳については、詳しく次回にご紹介したいと思います。

■■特別出費(8項目)の年間予算内訳■■

家計簿には生活費月々20万円以外の支出を特別支出として【年間目標60万】を予算設定しててみました。

今は4年間家計簿を付けてきたので年間の特別支出額が判ってきました。

4年間で毎年支出は前後しましたが、毎年60万円の特別支出の金額は大体合っていたと思います。

  特別支出額の内訳

  • 車維持費
  • 交際費
  • 記念日費
  • 冠婚葬祭費
  • 仕事必要費
  • レジャー費
  • 市県民税費(とまとママ)
  • その他費

という項目で分けています。その他費には

「結婚式のご祝儀が今年は2回必要だ!」

「あれ?、〇〇が壊れたから買い換えなくちゃ!」

などの臨時金額も含めて、予算内に入れています。

この年間特別支出60万円の内訳については、詳しく今度ご紹介したいと思います。

我が家の特別支出は、年間約60万円

■■目標年間貯金額■■

目標年間貯蓄額=手取り額-12か月の生活費-特別支出費

とすると、とまとママ&きゅうりパパの家では・・・

手取り500万円-(月14万×12か月)-特別支出60万=200万円!!

我が家の年間貯蓄額、目標200万円!!

■■今回のまとめ■■

  1. 我が家の収入は夫婦合わせて年収650万円・手取り500万円。
  2. 月の生活費を14万円以内に抑えて、小遣いを含め月々20万円の予算とする。
  3. 毎月の生活費以外に、【特別支出費年間60万円】などの予算を立てて特別支出という別の枠を作って年間の予算をたてること。
  4. 年間貯蓄額200万円を目指してコツコツ頑張ろう♪

毎日1円でも安いものを探して買い物しているのが、バカバカしく思えるくらい大きな金額が年間で動いているんだと思い知らされます。

でも、貯金額が増える楽しさとコツコツ節約生活が私たち夫婦の楽しみでもあるので、やっぱり、予算を立てて貯金を増やしていこうと思えるのです!

節約してお金を貯めようと思っている方々!一緒にコツコツ頑張りましょ~♪

・・・【ご覧頂きありがとうございます!】とまとママでした(*^_^*)・・・