【男性必見!】不妊治療の超現実的な精子採取の紹介!

はい。とまとの夫、きゅうりです(笑)今回はとまとに代わって男性側の視点から不妊治療について紹介してみたいと思います。とまと妻にこの内容を見られるのもちょっと恥ずかしいですけどね(;^_^

結婚して数年、きゅうりは30代後半・・・。どちらかというときゅうりは子供は好きでも嫌いでもなく・・・。物凄く子供が欲しいという訳では正直なかったです汗 子供がいればそれは新しい生活になり楽しいでしょうし、子どもがいなければそれはそれで、夫婦末永くのんびり幸せに暮らせていればいいなと。

妻のほうが30代に入って子供が欲しいという要求は強かったと思います。妻の願望は夫の願望でもありますので、妻が30代後半になってから不妊治療を行うより早めに検査をして、自分達が子供が出来ない理由はあるのかを知っておきたかったので、治療を開始することになりました。

男性が最初に行う不妊治療は精液検査

不妊治療を開始するといっても、男性はたいしてやることがないです。

女性側は毎回検査もあり、触診もあり、薬を服用したり注射をしたり・・・。それに比べて男性は基本は精子の状態がどうなのかが一番大切なことであり、男性の身体的に負担があるわけでもないので、楽です。

勿論検査の結果で精子に異常が発見されると薬を服用したり場合によっては手術が必要ではありますが、検査や採精自体の負担はほぼありません。

男性側で最初の大きな関門としては精子に異常がないかどうかの検査!これが最初でいきなり大きな山場となりますね・・・。

しかし、自分は事前に知識を得ていたわけではなく、正直な所妻に任せっきりの不妊治療でした。

とまと「精子の検査あるから〇月〇日空いてる?希望の時間はある?」

って話があったのでその日にクリニックに行くだけ。精子の検査はどういう内容か、精子に異常があった場合はどうなのかは全く調べずに行くだけ・・・。

自分の身体に負担が少ないと、興味が湧かなかったんでしょうね。本当妻には申し訳ないのですが、仕事の事やプライベートな事に時間を取っていたので他人任せな状態、それが実情でした。

  精液検査の調査項目について

一般的に精液検査では、3~5日間の禁欲後に行うとの事でした。検査で不良の場合では体調面などの影響もあるらしく、検査を再度2~3回行って総合的に判断するとの事です。

【精液検査の基準項目】

  • 肉眼所見正常は乳白色~白色。血液が混じっていれば血精液、白血球が混じっていれば膿精液と診断。
  • 精液量:重量法により測定し、1.5ml以上
  • pH:射精後1時間以内にpH試験紙を用いて測定し、7.2以上
  • 総精子数3,900万個以上
  • 精子濃度:精子の動きを止めて、計算板を用いて精子数を算出。1ml中に1,500万個以上
  • 総精子運動率:精液を400倍の顕微鏡下に観察し、前進運動精子、非前進運動精子、不動精子の割合を算出。40%以上
  • 全身運動率:活発に直線的あるいは大きな円を描くように動いている精子。32%以上

今回ブログを書くことになって精子のこと初めて調べました(-_-;)本来は治療開始する時に知っておくべきですよね・・・。

上記はWHO(世界保健機関)の基準値との事です。日本の不妊治療でも上記値を判断基準にしています。実は日本人男性の精液状態の平均値(正常値)というのは分かっておらず、普通に妊娠した男性は精液検査を受けることがないからだそうですよ。

  精液検査から診断される内容について

精液検査を行って判断される結果を下記に記してみました。

  • 正常な精液の判断基準:総精子数が3,900万個以上、前進運動精子が32%以上、形態学的に正常精子が4%以上
  • 乏精子症:総精子数が1,500万個未満
  • 精子無力症:精子運動率が32%未満
  • 奇形精子症:形態正常精子が4%未満
  • 無精子症:射精液中に精子が無い

ひょえー、下の項目は精子に異常がある内容ですね。正常な精液として判断されますように・・・。

CMポートクリニックでの採精について

事前に何時に精子採取するか予約を妻に予約してもらい、いざCMポートクリニックに向かいます。事前に準備といえば5日程度の禁欲位かな。特に何か持参することもなく出発しました。

CMポートは地下一階なので中がどうなっているか判らないし、最初は産婦人科は男性が行って浮かないかちょっと不安でしたが、待合室は女性が8割程度で2割ほど男性もいたので安心?しました~。

CMポート担当さん「とまとさんの旦那様~」

と呼び出しを受け、採精室まで案内されます。

CMポート担当さん「採精は初めてですか?」

きゅうり「はい、初めてです」

そういうと、採精室の中の説明と、終わったら採精室外のインターフォンを押すことを伝えて頂きました。

  採精室の中はどうなっている??

さて、採精室の中というと約1畳ほどの広さの部屋に椅子とテーブル、TV、成人誌やDVDが置いてあります。部屋は奇麗にされていて、手洗い場も中にあるのでこの一部屋で完了するのが助かります!すぐ外はCMポートのスタッフさんが行き来される通路ですので中からカギはしっかり掛けましょう(笑)

img_4017_r_1

立派なソファの横に成人誌が置いてあります。毎月入れ替える訳ではないので、発刊は少し古いものになりますが、正直そんな最新なものを置く必要はないですからね(^^ゞ

img_4018_r_1

広いスペースとは言えませんが、テーブルの上にTVやワイヤレスヘッドフォン、ティッシュなど効率よくおいてありました。私的には採精するのに十分な環境だと思います。

img_4019_r_t1

おお!30代~40代なら判る、10年以上前に活躍した女優さんの写真集が!!懐かしかったです!これを見るだけでもこの部屋に来る価値あり?(笑)

  採精の方法は・・・?

さて、採精するにはどうするか・・・。

きゅうりはDVDを再生させて試みてみることにします。しかし、10枚近くあるDVDはどれがよいか少し悩みます・・・。私の個人的な部分かもしれませんが、正直一人で行為を行う時と女性と営みを行う時は完全に別です。私の場合、一人で行う時は2パターンあって、

①時間をかけて一人の行為を楽しむ時(笑)

②単に処理の為に最低限の時間ですぱっと終わらす時

今回は完全に②でして、スパッと終わらせたい場合ですが大体はDVDでして、気持ちが高鳴るシーンやタイミングが自分で判っているので、そのシーンがあるかどうかをDVDを再生する前にある程度判断付けなければいけません。

たしかCMポートのDVDはパッケージがあるわけでなく、DVDのタイトルから判断しなきゃいけなかったと思います。DVDの再生は読み込みに時間がかかるのでできれば当たりを引きたい・・・。(笑)

結局、2枚ほどDVDを再生させ、2枚目のDVDでタイミングが取れる箇所があったので無事採精が終わりました。

実際採精して判ったこと

漫画の「ブラックジャックによろしく」で不妊治療についても少し出てきた記憶があり、結構壮絶なシーンとして紹介されていたので採精って大変なのかと思っていましたが、実際行ってみたらあっという間というか、女性の治療に比べれば採精自体は大したことではないな、という印象でした。

  採精するのは恥ずかしい??

他のブログで採精室で採精するのは妻やほかの人に採精しているという事が判って恥ずかしいとか、抵抗があるとか書いている人もいましたが、自分からすれば女性は検査の度にデリケートな部分を見せなければいけないのと、薬など処方したりして負担が大きいですよね。それに比べたら恥ずかしいとか大変とか言ってられません。2回目以降は医療行為の一環いう認識になったので恥ずかしいという思いはなくなりました。

  採精する時間が短時間だと恥ずかしい?

これもほかのブログでも良く書いてあったのですが、採精室に入って採精が終わるまで時間が短いと恥ずかしいのではないかという事。

私も初めての1回目は20分ほどかかり、2回目は10分ほどの時間になって、10分じゃ早すぎて恥ずかしい・・・。という意識が少しありました。

でも、3回目以降は5分~8分で採精していました。CMポートクリニックは医療機関。そんな早い遅いで笑うような人はいないと思います。スタッフは仕事ですし、他は同じ不妊治療で通院している方。恥ずかしがる必要はこれっぽっちもないわけです。

CMポートクリニックさんに通院される方は沢山いらっしゃって、妻は検査などに順番待ちですごく時間がかかる場合があったそうです。採精室もおそらく30分枠で予約を入れていると思うのですが、採精に時間がかかる方もいらっしゃるかもしれないし、恥ずかしさよりも早く終わらせて採精室を次の方に回した方が良いと思いましたね~

  効率よく早く採精するには?

採精の2回目以降から、スマートフォンに事前に早く採精できる動画(ようするにお気に入りの動画ですね)を入れて持ち込むことにしました。DVDでは再生に時間がかかるし(とはいっても1分程度ですが・・・ )、早送りも遅い。持ち込んだ動画なら採精できるタイミングが判っているのですぐに終わらせることが出来ていました。(笑)

自分で動画を持ち込んだ方が置いてあるDVDや成人誌で採精できず焦る必要もないので、ぜひお勧めします!