初めての【妊婦健診】初診8w2dの赤ちゃんは?

illustrain08-baby_03

体外受精で授かった赤ちゃん。

しかし、まだ流産の危険が高い時期。

『流産を防ぐためには、ホルモン補充しかない!!』と不妊治療病院の先生に言われています。黄体ホルモンの補充としてエストラーナテープルティナス膣錠を毎日使用して、妊娠継続を願いドキドキして過ごしている日々。

堀病院の初診に行って来ました!

不妊治療病院を次週で卒業することになる為、出産する産院に妊婦健診に行きました。横浜市の瀬谷区にある病院。相鉄線の三ツ境駅から歩いてすぐ、年間3000人もの赤ちゃんが誕生する堀病院で出産することを決めました。

  8w2dで初診

①健康保険証&不妊治療病院からの紹介状を提出

②タブレットを受け取り情報を入力

③呼び出しベルを持って待機

④10分程待つと呼び出しベルが鳴る

⑤3番処置室前で待機

  看護師さんとお話

  • 出産は当院か里帰りかを確認
  • 今日は赤ちゃんが元気かどうかを見る
  • 血液検査は4週間後に行う
  • 本日分の補助券4000円分に記名

  初めての診察

30分後、6番診察室にて女医のS先生の診察を受けました。

診察台に乗り、すぐお股からタラリと漏れました・・・(笑)

何がって??尿漏れじゃありません!!薬です!!

『お薬使ってますか?』と先生から聞かれました。そうなんです(^_^;)ルティナス膣錠を毎日使用しているおかげで、膣から漏れちゃうんです( ;∀;)

『器械いれますね~』と先生が声を掛けてくれると同時に、『垂れる~垂れる~(笑)』今日はまた一段と薬のおもらしがありました~(;^ω^)

  超音波で見えた赤ちゃん

『こっちが頭ですね』『17ミリ位だね』『大きさも問題ないです』と先生は赤ちゃんが順調に育っている様子を教えてくれました。

とまとママの疑問が1つ。自前の筋腫について聞いてみると、『あ~これ、筋腫なのね。子宮かと思った。あっ、これね(測定33ミリ??)』との答え。問題はありますかと尋ねると『妊娠中にねじれて痛くなる事もあるからね』と怖いお答えが・・・。要観察です。

  病院・出産・入院の説明

  • 説明室にて病院案内&今後の説明
  • 今後の資料&書類を受け取る
  • 会計をして11時過ぎに終了

  初診を終えて

9時半過ぎに到着していたので2時間位かかりましたね。とまとママはつわりの症状はほとんどなかったので問題ありませんでしたが、つわりがひどい時は、受付で症状を伝えておくことで、所要時間に少しは配慮して頂けるんじゃないかと思います。

今回の初診料は5000円。妊娠検査費が4000円でした。

今後、少しづつですが、不妊治療の経過と共に、妊婦健診の振り返りや堀病院での出産記録などを記していきたいと思っています(*^_^*)