【体外受精】採卵日決定!血糖値の血液検査もしました!

kara_waru_man

今日は体外受精の採卵周期の通院が始まって5日目。いよいよ採卵日が7日に決まった日の内容です。血糖値の血液検査をするために、昨日の21時以降の食事は抜いて、9時半にクリニックへ到着しました。
お腹が空いちゃうから、採血後に待合室で食べられるような物を持って来ていいよ!と言われていたので、レモンクッキーを数枚バックにに忍ばせて☆

■2月5日D12 9時半受付(昨日の21時から食抜き)

・9時40分~すぐに採血
いつも通りのホルモン値を見る分と血糖値の血液検査分の採血をしたら、待合室の赤いソファーで休憩。
血液検査の結果はどんなに早くても30分は掛かるので、この時間にウォーターサーバーでお湯を戴き、持って来ていたクッキーをこそこそと戴きました。
ただ、普段から待合室で食べ物を食している人ってあんまり見かけないから、ちょっと周りの目が気になっちゃった(笑)でもレモンクッキー美味しかった~♪

内診→10時20分~

  • 先生『2669です、いいですね。あがってますね~。診てみましょう。』
  • 内膜8.9
  • 右に5個(19.8~17)
  • 左も5個(19~16・13㍉ちょっと)
  • 内診中に先生は・・・『いいですね~!』『結構あるからね!』『これは小さいねぇ…。』などとお話ししながら計10個の卵ちゃんを診てくれていました。

ただ、私の内診中の心の声は・・・『うっ、痛いよぉ…((+_+))』
やっぱり、子宮の中で卵胞を右5個・左5個の卵を育てているとなると張っているようで、内診も痛いと感じるのです。。。

そして最後に・・・
先生『明後日、採卵ですね!』
私『はい、お願いします!』

と、いう形で、いよいよ採卵日が決定したのでした~!!

●先生からの説明●

  • (卵が沢山ある為、)直前のHcgの注射は、お腹が張っちゃうからなしで、スプレーだけでいきましょう。
  • スプレーが効かない場合は排卵しようとしないから、それだと針を刺しても取れないので、明日の朝に排卵検査薬を使ってもらいます。
  • 排卵検査薬が陽性なら予定通り明後日採卵。陰性だと排卵しないので明日直ぐ来てもらって血液検査をして数値をみてみます。
  • 今日は、昨日と同じ注射を打ちますね。
  • じゃあ、採卵は7日の日曜日ですね。
    先生『体外受精で行います。もし受精しなければ顕微に切り替えていいですか?』
    私『もちろん、お願いいたします。はい、じゃあ7日日曜日に。』←これが<レスキューICSI>のようです。

・注射の処置室に呼ばれるとまず、お名前をフルネームで教えて下さい!と名前確認をした後、『これに、記入して下さいね。』と。

あっ、体外受精をする人は国の何とか会で統計を取っている所に登録しなくちゃいけないって説明会で看護師さん言ってたもんね。と思いながら書き入れました。
内容は、カルテ番号・名前・身長・体重・妊娠歴・出産歴・夫の年齢だったっけな?そのような内容を記入して渡しました。

・注射の確認をします→フェリング150を2本・セトロタイド1本。
『夜のHcgは打たないんですね~。』って言いながら、看護師さんちょっと笑ってたけど、何故笑ったの?よく分からないけど、少しイラっとしましたよ(怒)。

フェリングは、肩かおしりでと聞かれ、今日は右尻にしました。セトロタイドはおへそ左にしました。今日はどちらもそれほど痛みなく良かった・・・♪
まだ、体外受精・ブセレキュア・排卵検査薬などの時間が決まってないので、先に会計をします。

会計後に呼ばれ、明後日の体外受精当日の時間・今日のブセレキュア2回のスプレーの時間・明日の朝に行う排卵検査薬の使い方や結果の味方・その後の対応などの説明を受けました。
ひとまず、子宮の中で1か月間ギュウギュウになりながら育ってくれた卵たちを明後日、採卵するという事が決定してドキドキしながら帰路に就いたのでした~☆